肉じゃがの賞味期限は冷蔵庫で何日まで大丈夫?

肉じゃが 食べ物

肉じゃがを作ったけど、作りすぎて余っちゃった!どうしよう。

肉じゃがって冷蔵庫でどれくらい保存できるの?

賞味期限はどれくらい?

常温で置いておいてもいいの?

そんな疑問を調べてみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

肉じゃが

スポンサーリンク

肉じゃがの賞味期限は冷蔵庫保存で何日?季節によって変わる?

肉じゃがは基本的に常温保存はしないようにしましょう。
常温に置いておくと冬場は条件が良ければ二日ほど保存可能かもしれませんが、夏場はなんと4時間ほどで傷みはじめます。
かならず冷蔵保存で保存するようにしてください。

 

特に夏は常温で一日置いてしまうと腐ってしまう可能性が高いです。
せっかく作ったのに腐ってしまって食べれなくなってしまったら悲しいですよね。
冷蔵保存をするときは、そのまま鍋で保存することはせずに、密閉できるタッパーやほかの容器などに入れるか、お皿に移して冷めてから、乾燥を防ぐためにラップなどで蓋をして冷蔵庫にいれましょう。

 

移し替える箸は、必ず清潔なものを使うようにします。
冷蔵庫で保存した場合の肉じゃがの賞味期限は三日を目安にしましょう。

ただし夏などの季節は傷みやすいので翌日までに食べきるようにしましょう。
再加熱した肉じゃがを冷蔵すると、傷みやすくなるので気を付けてくださいね。

温めるときは、電子レンジだと中まで温まらず加熱ムラすることが多いので、小さな鍋などに移して、じゃがいもが焦げ付かないように弱火で加熱することをおすすめします。

肉じゃがの冷凍保存が向かない理由は?

肉じゃがは基本的に冷凍保存は向いていません。
肉じゃがに使う材料は、冷凍に向いてないものが多いのです。

じゃがいもは、冷凍保存をするとべちゃべちゃっとして水っぽくなってしまい風味が損なわれ美味しくなくなってしまいます。
しらたきは、冷凍保存をすることで水分が抜けてしまい食感が損なわれ味わいが変わってしまいます。

どうしても冷凍保存がしたいというときは、じゃがいもとニンジンはマッシュ状態につぶし、しらたきは取り除くようにしてください。

冷凍した肉じゃがはあらかじめ味がついているので、離乳食やコロッケに使用したり、料理のトッピングに重宝します。

食べちゃダメ!肉じゃがが傷んだ時の特徴は?

肉じゃがは水分が多いためとても傷みやすいです。
特にじゃがいもは水分が多く、さらにデンプン質が加熱によってばらばらになるため、菌が侵入し繁殖しやすくなるのが理由です。

カレーやシチューなどもじゃがいもを入れると傷みやすくなりますよね。
しかし、冷蔵保存をしても腐ることがあります。
傷んでしまった時は一体どうなるのでしょうか?

 

次に傷んでしまった時に注意するポイントを書いていくので参考にしてくださいね。

・酸味のある匂いがする
・腐ったようなにおいがする
・見た目がいつもと違う
・感触が普段と違う
・カビが生えている
・ネバネバと糸を引く
・口に入れた時に舌がピリッとする

腐ったにおいというのは、大体の人が気がつくと思うのですが、納豆のようなにおいや酸っぱい匂いです。
そうでなくても、普段と違う匂いがしたら食べないようにしましょう。
特に、カビが生えている、ネバネバと糸を引く、口に入れた時に舌がピリッとする場合には、匂いに違和感がなくても腐ってしまっている可能性が高いので、すぐに吐き出してうがいなどをするようにしてください。

まとめ

肉じゃがは美味しく栄養バランスも良いため、日本の家庭料理にはよく登場しますね。

作りすぎてしまうことも多々ある肉じゃがですが、とても傷みやすいです。

肉じゃがに適した保存方法がありますので、上記のことを参考にして、美味しく食べたり、コロッケなどにリメイクするなどしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました