指紋認証できないほどの指先の手荒れのケアの仕方を紹介

指紋認証はとても便利ですが、指先の手荒れで指紋認証ができないというときありませんか。

特に、乾燥が気になる季節や、水仕事をすると洗剤の成分や乾燥が進んでしまって、指先がカサカサ、ひどい場合にはささくれが立ってしまったり切れてしまったりしますよね。

でも、家事をしないわけにはいかないし…。
今回は指先の手荒れのケアの仕方をご紹介します。

手荒れ

スポンサーリンク

症状に合ったハンドクリームを選ぶ

市販されているもののハンドクリームの種類、多すぎてどれを選んでいいかわかりませんよね。

ハンドクリームは大きく分けて、保湿タイプ、尿素配合タイプ、ビタミン配合タイプに分けられます。

保湿タイプのハンドクリームは、その名の通り保湿に優れています。
ヒアルロン酸、セラミド、シアバターなどが配合されており、日頃からのお手入れとして継続して使用することが乾燥を防いでくれます。

比較的軽度な手荒れの場合は、保湿タイプのハンドクリームで十分です。
乾燥しやすいという方は、早めのうちに保湿タイプのハンドクリームを使用するといいですよ。

尿素配合タイプのハンドクリームは、お肌の角質を柔らかくする効果があります。
酷い手荒れで、ガサガサと固くなってしまった時にはおすすめです。

ただし、尿素の効果にはデメリットもあります。
酷くガサガサとしてしまって、皮膚も固くなってしまっている場合は尿素配合のハンドクリームは大変おすすめとなりますが、尿素は、角質を柔らかくし溶かしていきます。

そうすると新しい角質が生まれてきますが、その途中でまた尿素配合のハンドクリームを使ってしまうと、バリア機能が整っていないために肌荒れが酷くなってしまったり、乾燥が悪化してしまう場合もあります。

肌が敏感になっている時や、乾燥していても皮膚が柔らかい時、痒みが出ている、赤布が酷い時などは使用するのを控えるようにしてください。

使用して、肌が柔らかくなったなと思ったら、ビタミン配合タイプのハンドクリームに移行するといいでしょう。

ビタミン配合タイプのハンドクリームは、乾燥が重なってあかぎれ、ヒビになってしまった場合におすすめのハンドクリームとなります。

ビタミンは血行促進効果があるため、肌のターンオーバーを促してくれます。
また、血行を改善してくれるので冷え対策としても効果的です。
水分と油分を補給してくれるので保湿効果もあり、あかぎれやしもやけにもおすすめです。

冬に手荒れにしないために注意することは?

では、特に乾燥が気になる冬の季節。
手荒れをしないために注意することは一体どんなことがあるのでしょうか。

まずは、手荒れの敵となる水仕事をする前には、ワセリンや、水に強いハンドクリームなどを手に塗るようにしてください。

水に強いハンドクリームは撥水効果があるため、水の刺激を肌が直接受けることが少なく、乾燥予防に効果的です。

それから、寒い季節はどうしてもお湯を使う機会が多いですが、皮脂膜はお湯に触れることで剥がれやすくなってしまうので、なるべくお湯を使わないようにしたいです。

でも、主婦の方などはそんなわけにはいかないですよね。
そういうときは、お湯を使うときはゴム手袋を使用してお湯との接触を避けることが必要です。

私自身、ガサガサと引っかかってしまう程の酷い手荒れに悩んでいましたが、ゴム手袋をして水仕事をすることで、毎年の乾燥の季節に肌荒れに悩むことは少なくなりました。

ゴム手袋の感覚が苦手な方は、ゴム手袋の下に木綿の薄い手袋をしてもいいですよ。

夜、就寝前には、ビタミンタイプのハンドクリームを塗り、手袋をして寝るだけでも次の日の朝には手荒れが改善します。
ぜひお試しくださいね。

まとめ

乾燥が気になる季節は、少し面倒でもこまめに乾燥対策をすることが大切です。
水仕事の「前」に水に強いハンドクリームを塗ったり、ゴム手袋をするなど手指を乾燥から守るようにしましょう。

先述した、保湿タイプ、尿素配合タイプ、ビタミン配合タイプのハンドクリームの効能などを上手に使うことで症状を予防・改善できます。
しっかりとしたハンドケアをおこない、美しい手指を目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました