酸蝕歯の原因は?歯医者に行けば治る?

酸触歯「さんしょくし」と読みます。
酸触歯は、歯が酸にさらされて歯の表面が溶けてしまうことをいいます。

虫歯とは別物ですがどちらも歯に悪影響をおよぼします。
今回は、この酸触歯の原因や予防法などを紹介します。

歯

スポンサーリンク

酸蝕歯の原因は?

私たちが日常から食べたり飲んだりしている食べ物や果物、飲み物などには意外と多くの酸が含まれています。

その酸によって、歯のエナメル質がやわらかくなって溶け出します。
そのやわらかくなったときに強く歯ブラシをするなど刺激をあたえてしまうと、エナメル質がダメージを受けてしまい、消失してしまうことになります。

そうすると、歯が透明になってくる、歯がしみる、歯が黄ばんてしまう、歯が溶けてしまうなどこわいことになってしまうのです。

意外なのですが、健康のためにお酢を飲んでいたり、野菜や果物を多く食べている方が酸触歯になっていることが少なくありません。

酸蝕歯になってしまったら歯医者に行けば治る?

残念なことに、一度失ってしまったエナメル質を取り戻すことはできません。
でも、歯がしみたり、歯が溶けたり…そんな状態になったらどうにかしないといけませんよね。

治療は歯科にいくことになりますが、酸触歯の治療法は初期の場合は薬剤を塗るのが一般的です。

薬剤を塗ることにより、溶けたところをカバーしてくれ歯がしみにくくしてくれます。

中期以降になると、詰め物をしたり、かぶせものをしたりすることになります。
その際、かぶせものが目立つ色だといやですよね。

そのようなときは、保険適用外になってしまいますが、セラミックなどの自然な歯の色に近い素材を選択することができるので、そちらを検討することもいいですよ。

放っておくと、抜歯することになる可能性もあるため、歯がしみたり、透明になるなど気になる症状があったら早めに歯医者さんに相談してみてください。

酸蝕歯にならないようにするには?

食後、どれくらいの時間をおいて歯ブラシをしますか。
食後すぐに、という方は時間を見直した方がいいです。
食後すぐには、食べ物や飲み物に含まれている酸によって、歯のエナメル質が柔らかくなっています。

そのようなときに、歯ブラシをしてしまったら…歯のエナメルごと歯ブラシで削ってしまい酸触歯まっしぐらとなってしまいます。

食後は、エナメル質が柔らかくなっている時間を避け、食べてから30分以上たってから歯ブラシをするようにしましょう。

歯ブラシの硬さも重要で、さらにどうしても力を入れて磨いてしまうという方いらっしゃいますよね。

歯ブラシは「やわらかい」を選び、歯ブラシの時はごしごし力を入れずに優しくブラッシングするように心がけてください。

鉛筆の持ち方で歯ブラシをすると、力加減がうまくいきます。
優しく丁寧にブラッシングするだけで、歯の汚れはきれいになりますよ。

慣れるまではやりづらいと思いますが、ぜひやってみてくださいね。
また、お酢など酸の強いものを口にしたら、お水で口をすすぐようにしてください。

そして、唾液の働きはみなさん御存じだと思いますが、酸触歯予防にも力を発揮してくれています。

唾液は、酸性に傾いた口内を、中性に戻してくれるので唾液を多く出すことは酸触歯の予防となります。

唾液の分泌量も増えるので、食事のときは良く噛むようにしましょう。

飴やガムを噛んで、唾液を多く出すことも有効です。
虫歯予防ができるキシリトール配合だと尚いいですね。

まとめ

酸触歯…最近歯の健康ということで話題に上がっています。

虫歯はプラークを残さなければなることはありませんが、酸触歯は私たちが食べ物を口にすることで口内が酸性に傾くことが原因なので、酸触歯になる可能性はだれにでもあるのです。

予防法を参考にして、お口の環境を整えて、酸触歯にならないように気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました