無限列車編は何巻?劇場版「鬼滅の刃」ストーリー展開を考察

アニメ化されて人気が爆発し社会現象にまでなった「鬼滅の刃」。

待望の劇場版が2020年10月16日に公開になりますね。

この無限列車編はコミックでは7巻から8巻のストーリーになります。

話数では54話から69話までの16話になります。

この記事では映画の中で展開される16話がどのような構成になるのか考察していきます。

アニメ「鬼滅の刃」全26話が31日間無料トライアル中

スポンサーリンク

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編の構成を考察

アニメでは炭治郎、善逸、伊之助が任務により無限列車に乗り込むところで最終回を迎えています。

劇場版ではその続きからということになるでしょう。

 

アニメ「鬼滅の刃」の最終話である26話の名シーンと言えばパワハラ会議ですよね。

そのパワハラ会議で下弦の鬼たちで唯一生き残り、鬼舞辻無惨の血を分け与えられた下弦の壱である魘夢。

魘夢が操る無限列車で炎柱煉獄杏寿郎とかまぼこ隊の死闘が中心になるでしょうね。

第54話 こんばんは煉獄さん

漫画から推測するに一番最初のシーンは炭治郎、善逸、伊之助の3人が「うまい!」を連発して弁当を食べている煉獄さんに遭遇するところからでしょう。

ここで炭治郎は疑問であった火の呼吸について聞きますが「知らない」と返事されてしまいます。

しかも刀の色を煉獄さんから聞かれ黒だと答えると「黒の剣士が柱になったことはないし極める系統もわからない」と言われてしまいます。

 

そうこうしていると車掌が切符を確認しにやってきます。

すぐさま炭治郎は「嫌な匂い」を感じます。

それもそのはず車掌が来た方向から鬼がやってきました。

 

素早く「不知火」を繰り出し鬼の首を切り落とす煉獄杏寿郎。
さすが柱です。

 

ということは映画ののっけから鬼退治というシーンになりそうですね。

 

シーンが変わると煉獄さんや炭治郎、善逸、伊之助だけでなく車両のみんなが寝入ってしまっています。

次に閻魔が「夢を見ながら死ねるなんて幸せだよね」って意味深なことを言います。

 

何しろ鬼舞辻無惨の血を与えられて耐えきったのでパワーアップしていることは間違いないのですから。

因みに魘夢は女性のような顔立ちやアニメでも女性のような声や話し方なので性別はどちらかといった疑問があがっているようです。

 

コミックを読んだ限りでは数箇所で「俺」と自分のことを言っているので男性だと思います。

まあボクっ娘だったら女性でも「僕」や「俺」になりますけどね。

ワンピースのヤマトが「僕」だしビッグマムことシャーロット・リンリンは「俺」ですし。

第55話 無限夢列車

魘夢は人質?に眠っている人たちの中に入って精神の核を破壊しろと命じます。

そうすれば生きる屍になるので死んだも同然だと。

強い想いが夢となって柱とかまぼこ隊はいっそう深い眠りに入っていく。

 

善逸
禰豆子と一緒に駆け回ってる

 

伊之助
炭治郎、禰豆子、善逸が子分となって探検している

 

煉獄杏寿郎
柱をやめて情熱をなくした父のこと、弟を想い励ましたことの回想

 

炭治郎
鬼(鬼舞辻無惨)に殺されてしまった家族への謝罪

 

魘夢の指示で人質?の各々が鬼殺隊の4人も腕に縄を繋いでいく。

 

そうすることで精神の核に入っていけるよう。

 

そのころ魘夢は列車の先頭に立ちみんなが深い眠りに入っていくのを感じている。

鬼滅の刃7巻が実質無料・無料トライアル31日実施中

第56話 目覚めろ

一人の少女が腕と腕がつながっている縄を介して煉獄さんの意識の中に入っていく。

中心にいる本人にみつからないように外側の無意識領域に向かう少女。

 

やがて塀のような壁に突き当たる。

 

壁を鋭利なピックで壁を壊し精神の核を見つける。

 

なぜか辺りが熱く炎が立ち込めている。

 

見つけた核は少女が初めて見る赤い色だった。

 

その核を壊そうとした瞬間煉獄杏寿郎は少女の首を掴む。
無意識に。
戦闘不能になることを本能で察知して。

 

少女は煉獄杏寿郎の意識の中で動けなくなる。
杏寿郎も現実で少女を殺せないので動けなくなる。

 

一方炭治郎の意識の中。
もう一人の別の炭治郎に目覚めろと諭される。

 

その瞬間座席に置いてある禰豆子の入った木箱が転げ落ち禰豆子が目覚める。

 

異変に気づいた禰豆子は炭治郎を起こそうと頭突きを試みるが石頭には叶わず流血してしまう。
可愛そうな禰豆子。

涙を流しながら血鬼術で炭治郎を炎に包む禰豆子。

第57話 刀を持て

夢の中で禰豆子の存在を感じ目覚めなければと自覚する炭治郎。

一方炭治郎の精神の中に入った少年は早く精神の核を壊さなければと焦りを感じる。

 

炭治郎の無意識の領域に入った少年は驚きます。
そこは限りなく美しい空がどこまでも広がっている世界。
そして果てしなく暖かい感触。
圧倒される暖かい広がる炭治郎の精神世界に呆然と立ちすくむ少年。

伊之助の精神に入った少女は伊之助に出会います。

無意識の領域にいるはずのない本人で出くわし驚く少女。

 

一方善逸の無意識の領域に入った少年は真っ暗闇に驚きます。
そして目が血走った善逸に出会います。

しかも善逸は入り込んだ少年に剪定ばさみを手に殺すぞと脅します。

 

炭治郎は鬼の匂いを感じながらも見つけられないでいます。

 

魘夢は未だ鬼殺隊の誰も核を壊されていない状況に若干の疑問を感じつつも時間稼ぎができるからいいやと何やら良からぬ企みをつぶやきます。

 

夢の中の炭治郎は夢の中の自分の首を切ることで現実に目覚めることに気づきます。
腰に据えている日輪刀を抜き自分の首を掻っ切る炭治郎。

 

ここのシーンはかなり盛り上がるシーンだと思いますよ。

夢の中とは言え自分で首を切るのですから。

相当の勇気と覚悟が入ります。

というか夢でも普通できないかと。おーコワッ。

鬼滅の刃7巻が実質無料・無料トライアル31日実施中

第58話 おはよう

 

タイトルとURLをコピーしました