デカフェは妊娠中毎日飲んでも大丈夫?赤ちゃんへの影響は?

カフェインレス、カフェインフリーともいって、カフェインの摂取を控えたり、カフェインを避けたい妊婦さんや、特に女性に人気です。

ちょっと前までは、タンポポコーヒーなどが主流でしたが、最近ではスタバや大手コーヒーメーカーでも売り出していてタンポポコーヒーが苦手だったという人も、美味しく飲めるカフェインレスコーヒーが増えてきました。

そこで今回は、特に妊娠中にデカフェを毎日飲んでも大丈夫なのか。赤ちゃんへの影響はないのかなどをご紹介しますね。

コーヒー

スポンサーリンク

妊娠中でもデカフェの紅茶やコーヒーなら毎日飲んでも大丈夫?

カフェインは興奮作用や利尿作用などの効果があることはみなさん知っていますよね。
そのほかにも、疲労回復効果、自律神経の働きを高めてくれる、運動能力や作業能力を向上させる効果などもあります。

カフェインはダメ!と言われている割に、なかなか良い効果が期待されているようですね。
しかし、カフェインを大量に摂取すると、さまざまな不調がでることもあり、夜眠れなくなったり中毒症状が出てしまう事もあります。
最悪カフェイン中毒で命を落とすことも。

これは本当にまれな例ですが、特に妊娠中は赤ちゃんへの影響も心配ですし気を付けたいですよね。
医者に聞いてみると、妊娠中でも大量にコーヒーや紅茶を飲むわけでなければ、普通は体内に蓄積されずに、飲んで数時間くらいで分解されて尿から排出されるので、カフェインレスのものでなくても特に心配はいらないようです。

個人差はありますが普通のコーヒーでも一日1~3杯くらいまでなら影響はないと言っています。
デカフェの飲み物であれば、さらに心配はいりません。
妊娠中のほっと一息タイムを大切にしてくださいね。

お腹の赤ちゃんへの影響は?

先述の通り、常識的なカフェイン摂取量であれば、赤ちゃんの影響を心配することはありません。
ただし、大量にカフェイン摂取をしてしまうと、胎盤を通じて赤ちゃんに送られたカフェインが、排出されることなく胎児に蓄積されてしまいます。

カフェインが赤ちゃんに及ぼす影響は確実にわかっていることは少ないのですが、成人でも長期過剰摂取の悪影響は知られており念のために厳しめに制限しています。
過剰なカフェイン摂取により、流産のリスクが増えることや、発育が障害される可能性も指摘されています。

デカフェはもともとカフェインが除かれた飲み物なので、赤ちゃんへの影響を心配することはありませんが、もしカフェイン入りの飲料を飲むときはカフェインの多量摂取のリスクを頭に置いておいてください。

デカフェの紅茶やコーヒーを選ぶ時の注意点は?

コーヒーが大好きだった妊婦さんにとってはデカフェのコーヒーや紅茶は、コーヒーを飲みたい欲求を我慢しなくていいのでとても嬉しい飲み物ですよね。
でも、デカフェと言っても、カフェインレス97%カットなど記載されている商品があるように、カフェインがゼロというわけではありません。

そういう飲み物を大量に飲んでしまえば、やはりカフェインの過剰摂取となってしまいますので、1日3杯程を目安に飲むようにしましょう。

さらに、カフェインの抽出方法もいろいろあり、薬品を使う方法、二酸化炭素を使う方法、水を使ってカフェインを取り除く方法があります。
薬品を使う方法は日本ではまだ認められていませんが、カフェインを取り除くための薬品に害があるのではないかと懸念されています。
海外のデカフェのコーヒーなどでは薬品が使われている可能性もあるので、そちらの確認はするようにしてくださいね。

まとめ

カフェインの悪影響について書いてきましたが、その悪影響はあくまでも大量のカフェインを摂取した場合のお話です。

妊娠中でも常識内であれば不安になる必要はありません。
それでもやはり心配だという場合はデカフェを「1日3杯」を目安に飲んでみてはいかがでしょうか。
妊娠中は、思うように動くことができなかったり、ストレスもかかりますよね。

カフェインには、疲労回復、ストレスの緩和などの良い効果もあります。
そちらの効果にも助けてもらいながら美味しいひと時を楽しんでみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました