赤ちゃんの風呂上がりの湿疹はほおって置いても大丈夫?その原因は?

赤ちゃんお風呂 育児

赤ちゃんとお風呂に入る前には気付かなかったのに、お風呂に入った後「あれ?湿疹ができてる!」というときありませんか。
赤ちゃんは普段と様子が変わらなくても、赤くポツポツとした湿疹をみてしまうと心配になってしまいますよね。

少し様子を見ていると、湿疹が消えたりして、受診するべきなのか迷ってしまいますよね。
今回は、赤ちゃんがお風呂に入った後に出る湿疹について書きましたので参考にしてくださいね!

赤ちゃんお風呂

スポンサーリンク

風呂上がりに赤くなってもすぐ元通りになれば心配なし

お風呂上がりに赤く湿疹ができても、すぐ元通りになれば心配ないと大半の医師が診断しています。
赤ちゃんの肌は大人と比べるととてもデリケートなので、湿疹ができやすいのです。
特にシャワーを浴びた後や、お風呂上がりなどは、赤みが強く見えることがありますが心配はありません。

ただし、まぶたが腫れたり、苦しそうにしている、湿疹がひどくなっている、湿疹が消えない、かゆそうにしている、などの症状が出たら受診するようにしてください。
赤ちゃんが着ている洋服の刺激によって湿疹が出ていることもありますので、肌に優しい木綿の下着などを選んであげるといいですよ。

お風呂上がりに赤い湿疹が出る原因はいろいろあった

さて、お風呂上がりに出る赤い湿疹の原因気になりますよね。

・身体が温められ血流が変化した
・肌が乾燥しているため
・せっけんの刺激が強い
・せっけんを使用していないため汚れが落ちていない
・身体を洗いすぎている

など、原因はさまざまです。

身体が急に温められると、その刺激により発疹しますが、ほとんどの場合は時間がたつと消えるので、その場合は心配いりません。
肌が乾燥している場合は、お風呂を上がった後、身体を拭いて保湿剤を塗ってあげるといいですよ。
その時に、なるべく刺激の少ない赤ちゃんに優しいものを使うようにしてください。

せっけんの成分が強すぎて湿疹がおきることもあります。
なかなか原因がせっけんにあるとは気付きにくいので、湿疹が続くなどあったら、一度受診するようにしてくださいね。

他にも、汚れが落ちていない場合、逆に洗いすぎていることが原因のときも。
皮膚にはもともと肌を守るために必要な常在菌がついています。
赤ちゃんがお母さんのおなかにいるときは、菌が付いていませんが、生まれるとすぐに皮膚の表面に細菌が付きます。
この常在菌まで洗い落してしまうと、肌を弱酸性に保つことができなくなってしまい湿疹の原因となってしまうのです。

お風呂の温度は大人と同じではダメな理由は?

寒い季節などは、きちんと赤ちゃんの身体を温めてあげたいと思いますよね。
でも、大人と同じお風呂の温度でいいとは限りません。
先述しているとおり、赤ちゃんの肌はデリケートですので、大人が「いい湯」と思うお風呂の温度だと、皮膚の乾燥を招いたり、肌トラブルの原因になってしまいます。

大体、夏なら38度から39度くらい、冬なら40度くらいのお湯が適しています。
ひよこやカエルなど、可愛らしい湯温計を使うことで、赤ちゃんもよろこんでお風呂にはいってくれるかもしれませんね。

まとめ

お風呂上がりの湿疹の原因が色々あることに驚いたのではないでしょうか。
湿疹は時間がたつと消えたり、これくらいで病院に行ってもいいのかな・・・など受診するのをためらったりしがちですよね。

時間がたてば消える湿疹はほとんど心配いりませんが、何日も続く、湿疹が酷くなっている、湿疹が消えない、他にも普段お母さんが一番赤ちゃんをよく見ている存在ですから、いつもと違う、と思った場合は迷わずに受診するようにしてくださいね。



タイトルとURLをコピーしました