赤ちゃんのあせもは首や顔にできやすい?予防する方法を紹介

暑い季節になると、赤ちゃんの皮膚のトラブル代表例に「あせも」があります。
赤ちゃんは大人と比べて皮膚がデリケートで汗をかきやすいので、あせもなどのトラブルを引き起こしやすいのです。

特に首などの汗がたまりやすい場所や、顔などはあせもができやすく、汗疹が出てしまっている赤ちゃんをよく見かけますよね。
今回は、赤ちゃんのあせもを予防する方法などをご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

赤ちゃん

スポンサーリンク

赤ちゃんに汗をかかせすぎないようにするには?

暑い時期、赤ちゃんがたくさん汗をかいているとあせもなどを心配してしまいますよね。
あせもは、汗をかきすぎることでおきます。
多量の汗によって、皮膚にある汗の出口が詰まってしまい汗が体の外に出ることができず、周辺の組織を刺激することで起きる炎症反応が「あせも」とよばれます。

では、赤ちゃんに汗をかかせすぎないようにするにはどうしたらいいかというと。
赤ちゃんは体温調節が未熟なので、大人が室内の温度などの調節をしてあげることが大切になってきます。
エアコンのドライ機能を利用したり、冷房の場合は28度設定にするなど、汗をかかないように工夫しましょう。

また、汗をかいたらこまめに拭くか、シャワーを浴びるなどして皮膚を清潔に保つこともあせも予防になります。

着替えはこまめにした方がいい?

赤ちゃんが汗をかいた時、着替えはこまめにした方がいいのでしょうか。
汗を多量にかいた洋服をそのまま着せていると、汗が長時間肌に触れていることになり、汚れなどがつき、その汚れも汗腺に溜まりやすくなり、あせもの原因となります。

また、冷たくて風邪をひいてしまう事もありますね。
そんな時はやはりこまめに着替えをした方があせもを予防してくれます。
その時に、身体を濡れタオルで拭いてあげたり、シャワーを浴びると肌も清潔に保たれますよ。

赤ちゃんを連れて外出した時に、洋服の準備を忘れちゃったーっていうとき、ありますよね。
そんな時のお助け技として、汗をかきやすい背中などにハンドタオルなどを洋服と背中の間に入れてあげます。
そうすると、汗をかいた時に、タオルを取ってあげてタオルを交換したり、多量の汗をかかない限り着替えは必要ないのでお手軽な対策となります。

紙おむつはテープタイプとパンツタイプのどちらがあせもになりにくい?

紙おむつを使うときに、パンツタイプは楽ですが、ギャザーの部分にどうしても汗がかきやすくたまりやすいため、あせもがでてきてしまうトラブルが多く見られます。
これは、サイズが合っていないことが原因です。

テープタイプだと、赤ちゃんのサイズに合わせてテープを止められるため、おむつ替えの時に指が入れられるスペースを作ることで通気性をアップさせることができます。

そうするとあせも自体できにくくなるので、パンツタイプを使ってあせもができてしまった場合は、一度テープタイプに戻してみることをおススメします。

まとめ

あせもは、赤ちゃん自身もかゆくて、ひどくなるとトビヒになることもあります。
なるべく汗をかかせすぎないように、今回お話ししたことを気を付けてみてくださいね。
ベタベタしたり、あせもの原因となる不快な汗ですが、汗は、蒸発するときに体の温度を下げてくれる役割をします。

その汗を拭きとってしまうと、身体の体温を下げる能力を失ってしまうことになります。
ですが、汗は放っておくとベタベタして気持ち悪いですよね。
そんなときは、濡れたタオルなどでいったん身体を拭いて、肌に湿気を置いてあげると、その湿気が汗の代わりに蒸発するときに体温も下げてくれます。
あせもと、熱くなった身体の熱を下げる予防にもなりますので、一度試してみてくださいね。



タイトルとURLをコピーしました